日本にはいくつかの「鉄道のまち」と呼ばれるエリアがありますが、これは旧国鉄が公式に認定した地域になっています。
その鉄道のまちは、岩見沢・米子など全国に12か所あり、その中の一つが大宮(現・さいたま市)になります。

大宮駅の周辺には、JR東日本大宮総合車両センターやJR貨物大宮車両所など多くの施設があり、大宮駅周辺は「鉄道のまち」として、発展してきた地域になります。

その大宮駅の開業120周年を記念した郵便ポストが設置されましたが、全て鉄道にかかわる部品の廃品を利用して作られたものになります。
一目見たときは「電車」をイメージして造られたかのように思いますが、この郵便ポストは「かえる」をイメージして作られたものになります。

 

なぜ「かえる」なのか?と疑問に思うかもしれませんが、「大宮駅を利用する全ての人が、事故なく無事に”かえる”よう願って」2005年に作られたものになります。
緑と赤色のコントラストも美しく、上部に取り付けられたカエルの目の部分もユニークに仕上がっていると思います。

 

大宮駅には、鉄道ファンが多く集まるところですが、同時に郵便ポストのファンやお子様連れの親子なども喜ぶような駅となってしまいそうですね。

free space


最近の投稿