山形県のほぼ中央にある寒河江市(さがえし)は、山形県でも唯一のサクランボの生産がおこなわれている地域として知られています。
人口約4万3千人の小さな都市ですが、品質の良いサクランボを誇る県民の気持ちは大きく、サクランボにちなんだイベントが行われる他、市のイメージキャラクターもサクランボのデザインが魅力的な「チェリン」というものになっています。

 

このサクランボのまち、寒河江市には、少し個性的な郵便ポストが設置されています。

まず、大きな特徴として、丸型の郵便ポストである点が上げられます。
さらに、郵便ポストの下部には、円形のレリーフ(浮彫の細工)が取り付けられています。

このレリーフには、画像からは分かりにくいですが、金属製の模様が施されていて、サクランボをイメージしたものとなっています。

 

この郵便ポストは、平成12年に山形自動車道・寒河江サービスエリアの完成を記念して設置されているものですが、寒河江市民が市の発展に寄与することで、大きく喜んだものだったそうです。

 

寒河江市では、市の発展のためにサクランボやリンゴに次ぐ「次の名産品」を模索している段階ですので、サービスエリアの利用とともに市の発展を見守る郵便ポストとなることでしょう。

free space


最近の投稿