品川駅構内に設置されている郵便ポストは、「電車の形をした郵便ポスト」となっています。

この電車の形をしたポストは、2005年に設置されたものですが、JR東日本がいわゆる“エキナカ”を活性させるためのプロジェクトの一環として設置されたものになります。

 

また、郵便ポストの右側に「0km 品鶴線」と記載されていますが、ちょうど山手線と品鶴線の0kmの地点にあたるのが品川駅ということの意味もあるようです。

品鶴線は、聞き慣れない路線かもしれませんが、本来品川駅~鶴見駅の線路のことを指すもので、主に貨物列車が使用する目的であったそうです。
本来の東海道線とは別の路線となり、区別する意味で品鶴線と名付けられたそうです。

 

画像を見て頂いて分かると思いますが、電車の形状に非常に似ていて完成度の高いものになっています。
小さなお子様が喜ぶのはもちろん、遠方から東京見学に訪れた人も記念撮影などをしているようです。

 

郵便サービスは、本来、遠隔地に離れた人とのコミュニケーションを図るためのサービスですが、同じように鉄道サービスも、スピーディに人に会いに行けるサービスとして共通点があるように思います。
普段、気付かずに通り過ぎてしまっている方も、電車の形をした郵便ポストに注目してみて下さい。

free space


最近の投稿