滋賀県愛知郡愛荘町は、非常に高度な技術で作られる「びん細工てまり」のまちとして知られています。
びん細工てまりとは、丸いガラス瓶の中に刺繍を施したまりが入ったものですが、入口よりも大きなまりを中に入れることで高い技術が必要になるものになっています。

 

日本では、びん細工てまりは、縁起物として玄関などに飾られたりしています。
縁起物とされる理由は、丸くて中がよく見えることから”丸く仲良く“ということが由来となっているものです。

この伝統工芸品を誇るまちには、同じガラス細工てまりの形状をした郵便ポストが設置されています。

近江鉄道・愛知川駅前に設置されているこの郵便ポストは、ポストということが分からないデザインとなっていますが、しっかりと郵便のマークも記されているものになっています。

本物のガラス細工てまりは、ガラスが使用されていますが、この郵便ポストには安全のために強化プラスチックが使用されている点も注目するべき点になります。

 

この郵便ポストを見て感動する人の多くは観光客になると思いますが、万が一にもガラスが割れて怪我をしないようにとの配慮があったものになっています。
温かい気持ちで観光客を迎えてくれる、伝統的な郵便ポストといえるでしょう。

free space


最近の投稿